野球の打率とは?

メジャーリーグベースボール(MLB)の1年目の選手には、「ソフォモア・ジンクス」と呼ばれる現象があります。ソフォモア・ジンクスとは、一度メジャーリーグで成功を収めたルーキーは、その成功を再現することができず、期待されたパフォーマンスレベル以下にまで後退してしまうという考え方です。チームの一員として活躍した人気の高いベテラン選手との再契約を見送ることがあるのも、この考え方によるものです。しかし、この現象は投手には当てはまらないことが、次のグラフからわかります。

このデータによると、投手は失点の多さによって勝率が変化することはありません。打者とは異なり、投手の投球統計は時代やチーム間で比較的安定しています。これは、投手の統計が、その選手のチームメイトのプレー能力にあまり左右されないためです。また、投手が長期間にわたって成功を維持できるのに対し、打者はルーキーイヤー以降、パフォーマンスが大きく低下することが多いのもこのためです。

*2010年のデータは、投手が得点圏にランナーを置いたかどうかによって結果が変わるため、このグラフから除外しています。走者がいない場合、4点以上の失点で勝率が0%に近づく投手もいます。

個人の打率は、1イニング中に打席に立つ回数や、打席のどこに座るかによって変わります。この数字は、試合中に選手が打順を変えながら、1イニングあたりの打席数.8人の打者のうち1人が1イニング中に打席に立つ回数が多ければ多いほど、その打率は高くなります。打率は、ヒット数を打席数で割って算出します。

次の表は、各打席の打率を示したものです。

この表を見ると、打順が下がるほど、ヒットで出塁する確率が高くなることがわかります。例えば、2番打者の場合、全体の打率は.287ですが、1番打者の場合は.296となります。また、打率と打点(RBI)には高い相関関係があります。自分がヒットでよく塁に出れば、他の選手がヒットを打つ可能性が高くなります。これにより、出塁と得点のチャンスが強化されます。

得点圏は、試合中のヒット数や打率ではなく、前シーズンの打率で決まります。前の表の最後の2列目を見ると、打順が上がれば打率も上がり、RBIの数も増えることがわかります。この質問は、一般的な統計ではなく、得点圏を問うものなので、特定の枠にかなりの時間留まっていた選手と、頻繁に移動していた選手を比較してみるのも面白いかもしれません。これは、ルーキー選手がSophomore Jinx(ソフォモア・ジンクス)のパターンに従うかどうかを予測するのに役立つかもしれません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*